家さがしの達人。賃貸のプロが教える業者の手口。

いつから準備するのがいいの?

「一人暮らしを始めたい」「引っ越しをしたい」など部屋探しをしようと決めたら、いつ頃から探せばよいのでしょうか。物件が出回るタイミングは季節によって異なるので、部屋探しの流れについて頭に入れておくといいでしょう。

 

一年のうちで一番多く物件が出るのが冬から春にかけてです。この時期は進学や就職、転勤などで物件を探す人がとても多い季節です。
その中でも、3月は特にお部屋探しをしている人が多いと言われています。人気の物件はすぐに埋まってしまう事が考えられますので早めに不動産屋へ足を運んだ方がいいでしょう。

 

新築の場合お部屋探しをする人が多い、3月に合わせて完成、入居できるように計画している物件が目立ちます。1月位から入居者募集の案内が出ますので気になる物件があればチェックしておきましょう。

 

4月に入ると、物件の流れは一旦落ち着きます。同時に部屋探しをしている人もぐっと減るので繁忙期を避けてゆっくりと部屋探しをしたい人はこの時期に不動産屋を訪れるといいかもしれません。また、引っ越し業者も3月に比べて費用を安く設定しているところもあります。

 

契約が済んでから「こんなはずではなかった」「思っていたのと違った」とならないように特別な事情が無い限りお部屋探しは焦らずじっくり検討しましょう。また、現在のお部屋を退去する旨を不動産屋に伝えなくてはいけません。無駄な家賃を支払う事がないように手続きは滞りなく計画的に進めましょう。

 

賃貸にかかるお金ってどれくらい?

 

初めての賃貸物件探しには色々と不安がつきものです。特に費用についてはどれ位かかるのか知っておくと安心です。賃貸住宅を借りる場合、入居時に必要な費用は家賃の約半年分と言われています。家賃半年分の内訳は敷金、礼金が各2か月分、仲介手数料が1か月分、入居を開始する月の前家賃が1か月分です。

 

さらに引っ越しの費用や新しく購入する家具や電化製品の費用を考えると、実際にはもう少しかかるかもしれません。余裕をもって予算を組んでおくと安心です。敷金とは、大家さんに預けておくお金で退去する時は戻ってきます。しかし家賃が滞っている場合や、入居者の責任で修理が必要な場合は敷金から差し引かれます。

 

礼金とは、大家さんに支払うお金で敷金と違い戻ってきません。礼金を支払うタイミングは、正式に契約が決まってからとなります。最近では、礼金0という賃貸物件も増えています。費用をできるだけ抑えたい場合は、礼金0の物件を探してみるのもいいでしょう。仲介手数料は、不動産屋に払う報酬になります。仲介手数料は法律上、必ず支払わなくてはならないというものではないのですが、不動産屋を介した場合は請求される場合が殆どです。

 

不動産屋を通さず契約した場合や、不動産屋が所有している物権の場合は、貸主である不動産会社と直接契約をするので仲介手数料は不要になります。月途中からお部屋を借りる場合はその月の家賃の日割り分と翌月分の家賃を一緒に支払うのが一般的です。前家賃を支払う場合は1か月分の家賃を超える事になります。

 

外部リンク